債務整理の知恵袋

借金の整理方法を考える

返済が厳しくなったら


キャッシングやカードローンは手軽に利用できる金融サービスですが、無計画に使ってしまうと、あとで返済に困ることにつながりますので、小額の利用でもしっかり計画を立てて使うことが大切です。
すでに返済が厳しくなってしまったという場合は早めに対策を立てることが大切です。
まずは、現在、いくら借りているのか、何社から取り引きしているのかをもう一度確認しましょう。
返済が厳しいからと返済のために借り入れを増やすことはさらに状態を悪化させてしまいますので、今以上に借りることだけは避けましょう。

借金をまとめてみる


安定した収入を得ている、毎月の負担が少なくなれば返済は可能であれば、複数ある借金をまとめることも考えてみましょう。
こうすることで返済は月1回で済むようになり、うっかり返済を忘れるというミスも防ぐことができます。
複数社から借りているとどうしても利息の負担は大きくなってしまいますが、まとまった金額を一ヶ所から借りるほうが利息の負担はより抑えられます。
この場合は元金は減っていませんので、利息が減ったからと油断せず早めの完済を目指していきましょう。

債務整理も考える


借金をまとめても、借入期間が長くなれば、結局多くの利息を払ってくこととなりますので、早めに完済したいですが、借金をまとめてもまだ返済が厳しいという場合は債務整理も検討することとなります。
この場合は、それぞれの借金の状態や収入によっても向いている方法は違ってきます。
どうしても返済が難しい場合は自己破産という方法もありますが、借金が全額なくなるわけではないものの、任意整理や民事再生ならマイホームなどの大切な財産は手放さずに手続きが行えます。

メリット、デメリットを理解しよう


債務整理を行えば借金はかなり減額されますが、手続きの前にはメリットとデメリットを理解しておきましょう。
まず、いずれの場合でも債務整理をすれば信用情報にその情報は掲載されることとなり、しばらくは新たな借り入れが難しくなります。
完済後は再び借金で困らないよう、お金の管理はよりしっかりと行っていくことが大切です。

債務整理をお願いして本当に良かった

娘の塾費用を支払う為に借りたのがきっかけ


勤める会社の業績が傾き、経営悪化が深刻です。
会社再建の為、経営陣から社員に至るまで給料が一律カットされる事となり、子育て中の我が家にとっては頭の痛い問題を1つ抱える事となってしまいました。
娘を私立に進学させたいと考えていたので、塾に通わせているのですが、その費用が結構高いので家計をやりくりするのが大変だからです。
どうやりくりしても家計は赤字になってしまいますので、不足する金額を消費者金融から借り入れる事にしました。

安易な気持ちで借入れを繰り返してしまいました


最初は心配だったのですが、いざ店舗まで足を運んでみるとそれまで抱いていた不安感は一掃され、もっと早く相談しておけば良かったと後悔した程です。
スタッフの方も親切に対応して下さったお陰で、審査もスムーズに通過し、何とか必要な金額を借りる事が出来ました。
心の中にゆとりが生じたお陰で、日々の生活が楽しくなったような気がします。
それ以来、手持ちの現金が不足する度に借り入れるようになり、次第に借金の総額が膨れ上がっていったのです。

友人の勧めで債務整理をお願いする事に


最初のうちは何とかなると根拠の無い自信を持っていたのですが、次第に借金の額が膨れ上がってきました。
返済日が近づくと他の消費者金融から借りる、そんな自転車操業の状態を繰り返していくうちに、どの金融機関からも新たな借金が出来なくなってしまったのです。
気付いた時は後の祭りで、督促の電話が毎日のようにかかってきて、呼び出し音が鳴る度に怯えていたのを思い出します。
二進も三進も行かない状態が続き、思い詰めていた時に声をかけてくれた友人に、全てを打ち明けました。
黙って聞いていた友人が、債務整理を勧めてくれたのです。

債務整理をお願いして本当に良かった


友人がアポを取ってくれた、債務整理を得意とする専門家の事務所に恐る恐る足を運んでみました。
スタッフをはじめ皆様が笑顔で迎え入れて下さり、専門家も真剣に私の話に耳を傾けてくれたので、本当に有り難かったです。
どうすれば解決出来るのか、最適なプランを提示して下さったので債務整理をお願いする事にしました。
債務整理を依頼してからというもの、督促もピタッと収まって無事に解決の方向へと向かう事になったのです。
もっと早いうちに、債務整理をお願いしておけば良かったと後悔しています。
借金のトラブルを抱えている方には、一刻も早く専門家の下へ足を運びアドバイスを受ける事をお勧めします。